ANAダイナースカード

4種類のクレジット機能・Edy搭載のANAマイレージカードの中で最上級グレードとされているのが、「ANAダイナースカード」です。
このカードの基本サービスは「ANAワイドゴールドカード」と余り変わりませんが、最上級と言われる由縁は利用限度額に制限が無い事です。それ故、様々なANAマイレージカードの中でも最もステイタス性の高いカードとなっています。
そんなANAダイナースカードの申し込み資格は、少々複雑でハードルが高く、33歳以上で自分の家を所有している事が原則で、そのうえ10年以上勤続している役職のある人、又は10年以上自営を行なっている人となっております。
年会費は本会員が22050円(税込)で、家族会員が6300円(税込)となっております。
ボーナスマイルについては、入会時と継続時の2000マイルプレゼント(本会員のみ)と、家族会員にも適用される搭乗毎の区間基本マイレージが25%上乗せ、そしてクレジットカード会社からのポイントをマイルに移行する手数料が無料となります。
ANAダイナースカードの付帯保険は、海外旅行傷害保険が1億円、国内航空傷害保険が国内旅行傷害保険にて補償、国内旅行傷害保険が1億円と、他のANAマイレージカードと比較しても最上級の補償が用意されています。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ANA カードには学生用もある

ANA カードには、学生用のマイレージカードもラインナップしています。内容は学生用と言えど、クレジット機能や電子マネーのEdy搭載等と充実した内容です。
ANA カード(学生用)の加入資格は、高校生を除く18歳以上の学生となっています。年会費は1207円(税込)ですが、ただ今、在学期間中年会費無料キャンペーンを実施しています(2009年3月31日まで)。
ボーナスマイルについては、入会時と継続時の1000マイルプレゼントと搭乗毎のマイレージが10%上乗せとなります(ボーナスマイルについては、ANA一般カードと同様)。
ANA カード(学生用)の付帯保険は、海外旅行傷害保険と国内航空傷害保険が共に1000万円、国内旅行傷害保険が無しと、これもANA一般カードと同様の補償内容です。
その他、学生カード特有の特典として、プレミアムポイント達成時のボーナスマイルや、学校卒業後の一般カードへの切り替え時の2000マイルプレゼント、特定のホテルやショッピング時の割引サービス等が適用され、学生カードならではのお得感が満喫できます。
尚、クレジット会社からのポイント移行時の手数料もJCBの場合は完全無料となっており、総合的に魅力の高いマイレージカードがANA カード(学生用)です。
※利用限度額は10~30万円です。

JALマイレージバンク利用の流れ

日本航空(JAL)が提供するマイレージサービスが「JALマイレージバンク」です。現在では2000万人以上の会員数を獲得しており、日本最多にて元祖のマイレージサービスを提供しています。
JALマイレージバンクの詳細を確認するには、インターネット検索がベストです。検索の仕方は、検索サイトで「JALマイレージバンク」と入力して、公式サイトを訪れます。(※直接JALの公式サイトを訪れても、分かりにくいです)
公式サイト上では、トップページ上部の「JALマイレージバンクとは」の項目をクリックすると次ページにて詳細情報が確認できます。各カードの具体的な詳細については、同ページの「入会する」の項目の「カードを選ぶ」をクリックすると詳細を知る事が出来ます。
ただ、カードの数が非常に多く複雑な為、検索で多くの人が混乱するかと思われます(詳しい検索方法については、他ページに記載します)。
JALマイレージバンクでは、クレジット機能無しの「JMBカード」とクレジット機能付きの「JALカード」があります。
クレジット付きのJALカードについては年会費が必要となりますが、JAL会員ならではのサービスが受けられるとあり、お得なカードとなっております。

JALカードの比較検討の良い方法

「JAL カード」は、株式会社ジャルカードが発行するクレジット機能付きのマイレージカードです。
JALカードには現在「普通カード」と「CLUB-Aカード」、「CLUB-Aゴールドカード」、「JALダイナースカード」、「学生専用カード」の5種類のカードがラインナップされています。
これら各マイレージカードの詳細を知るには、JALカードの公式サイトを利用するのが便利です。やり方は、検索サイトで「JALカードの種類とサービス<カテゴリで選ぶ>」と入力し、公式サイトを訪れると各マイレージカードの詳細情報を知る事が可能です。 現在において、この方法が最も簡単で確実な情報を仕入れる事が出来る方法と言えます。 そして各カードの比較検討に関しては、同ページの「すべて確認」の項目を利用すると非常に簡単で便利です。
ここでは、各カードの画像や年会費、カードブランド情報が記載されているので、ここで比較検討したいカードのチェックボックスにチェックを入れます(一回の検索につき7つまで)。
すると、選択したカードの比較検討を簡単に行なう事が出来ます。この方法は、公式サイト経由の為、他のどんなサイト情報より確実性と信頼性の高い情報を得る事が可能です。

マイレージカード3